BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛知県
  4. 岡崎市の戸建て買取なら当社にお任せください!

岡崎市の戸建て買取なら当社にお任せください!

The following two tabs change content below.

岡田

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。

当社は仲介業者様、個人の方から戸建てを買取させていただきます。

岡崎市にある戸建てを早く売りたくて不動産業者に依頼したけどなかなか売れない。。。早く売りたいけどどうすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は岡崎市で戸建てを確実に売却する方法である「買取」という方法をご紹介していこうと思います。

岡崎市の買取向けの戸建て

岡崎市で買取向きの戸建ては以下となります。

・ボロボロになっている中古戸建て
・接道が取れてなく、再建築が出来ない戸建て
・訳有の中古戸建て
・道路が狭い中古戸建て
・擁壁が古い中古戸建て

古い戸建てを売却する際は土地として売却した方が売れる可能性は高いですが、解体するにも大きな建物だと解体費用を捻出出来ずに現況の状態で売りたいという売主様も多いです。

しかし、一般市場だと現況の状態だと内装にいくらリフォームがかかるのかが未知数のため、購入を躊躇する買主様も多いです。

そのため、現況の状態ではやく売ってしまいたいのであれば買取を選択した方が良いでしょう。

戸建て買取は売却後のトラブルの心配が少ない

仲介業者に依頼をして中古戸建てを売却した際によくあるトラブルとしては土地から地中埋設物が出た、戸建てから白蟻、雨漏りが起きた、配管が故障した等という点です。

一般市場での売却の場合は買主が一般の方であれば上記のようなトラブルの責任を負う契約不適合責任を物件の引き渡しの3か月間はつけるというのが一般的です。

しかし、買主が不動産業者の場合は契約不適合免責で買取してくれるため、売却後に上記のようなトラブルに発展するという可能性は非常に少ないです。

売却後に買主様とのトラブルは避けたいという売主様であれば買取を検討しても良いでしょう。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
築年数が経過している中古戸建ては契約不適合免責にしてほしいという売主様が多いため、一般市場では買主様には嫌がられる傾向があります。

岡崎市の戸建て人気エリア

岡崎市は面積が広く、相場はエリアによって全然違ってきます。

岡崎市で特に人気のエリアは下記となります。

・六名・三島・竜美丘小学校エリア(竜海中学校区)
駅からは距離は若干ありますが、岡崎市の中でもトップクラスに教育環境が良く、人気のエリアとなります。
特に竜美丘は資産化の方も多く住んでおり、良い土地や戸建が出るとすぐに売れてしまうエリアとなります

・羽根・岡崎・城南・小豆坂小学校エリア(南中学校区)
こちらの地域も児童の教育に力をいれており、人気のエリアとなります。

・緑丘・上地小学校エリア(竜南中学校の学区)
自然が多く、小さな子供がいる家庭でも安心して住めるエリアとなります。

この辺りの40~50坪の戸建ての売却を検討しているのであれば高く売れる可能性は高いでしょう。

岡崎市にある主要駅の土地単価TOP10

こちらでは岡崎市の人気エリアとは別に岡崎市にある主要駅の土地単価TOP10をご紹介してきます。

この表は実際に売れる金額ではなく、あくまでも国土交通省が出している公示地価のため、指標の一つとして参考にしてください。

駅からの距離、土地の地形、前面道路の幅員、土地の面積で土地の価値は大きく変わってきます。

1位 岡崎駅 46.4万円/坪
2位 東岡崎 46.3万円/坪
3位 北岡崎 42.6万円/坪
4位 六名 41.5万円/坪
5位 男川 40.1万円/坪
6位 中岡崎 38.7万円/坪
7位 大門 35.5万円/坪
8位 矢作橋 34.8万円/坪
9位 美合 33.2万円/坪
10位 宇頭 29.6万円/坪

参照:土地代データ

JR岡崎駅は駅前も開発されてきており、東岡崎駅と同じ水準くらいまでに土地相場は上がってきました。

北岡崎駅近郊も豊田方面に通勤が便利ということで人気があり、上昇基調となります。

ただ、岡崎市の土地は値段が上がりきった感が強く、今後は大きく上がることはなく、少しづつ下がっていくと感じております。

下記は岡崎市全体の地価推移となります。

引用:土地代データ

岡崎市は駅から遠かったりするエリアも多いため、そういったエリアは今後地価が上がっていくとはまず考えられないです。

築年数が20年以上経過している場合は要注意

戸建ては建物の築年数がどれくらい経過しているのかが買取価格に影響していきます。

一般的な住宅の耐用年数は下記となっています。
木造:22年
鉄骨:19~34年
※軽量鉄骨or重要鉄骨で変わってきます。
鉄筋コンクリート:47年

建物が上記年数以上に経過している場合は建物の価値は残念ながら0円と見られてしまうことも多いです。

リフォームしていたり、駅近でエリアが良けれは建物の価値としても出てきますが、多くの場合は価値がないと見られてしまいます。

建物が使えないくらい築年数が経過している場合はリフォーム、解体費用等の経費がかかってくるため、買取価格は安くなってしまう可能性が高いです。

まとめ

今回の記事で覚えておいた方が良いポイントをまとめると以下となります。

・買取は価格が相場よりも下がるが、確実に売却することが可能

・岡崎市の地価は上がり切った感じもあり、今後大きくは上がらないと考えられる

・岡崎市はエリアによって戸建てが多く売れ残っている

当社ではどんな物件でも買取可能なのでお気軽にご相談ください。机上査定であれば即日~1日で可能です!

⇒お問い合わせはこちらから