BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 不動産売却
  4. 戸建がなかなか売却出来ない!確実に売るためにチェックするポイント

戸建がなかなか売却出来ない!確実に売るためにチェックするポイント

The following two tabs change content below.
アバター

岡田佑紀

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。
不動産で悩んでいる人
不動産で悩んでいる人
戸建がなかなか売却出来なくて困っている。。。何がいけないんだろう。。。売れない原因を知りたい。。。

こういったお悩みを解決します。

戸建を売りに出してもお問い合わせが全くないと不安になってきますよね。

不動産仲介業者に言われた通りの価格で売りに出しているが、何が原因で売れないのかよく分からない方も多いでしょう。

そこで今回は戸建が売れない原因や確実に売るためにチェックするポイントをご紹介していきます。

戸建が売れない大きな2つの原因

戸建が売れない原因はいろいろ考えられますが、大きな原因としては下記の2つとなります。

①競合の売出物件が多い
②売出価格が相場とかけ離れている

それでは詳しく解説していきます。

競合の売出物件が多い

人口が少ないエリアだと住宅需要が少ないため、戸建を売りに出していてもなかなか売れないです。

田舎にいけばいくほど高齢化が進み、住宅需要は少なく、競合となる売出物件が多いです。

競合となる売出物件が多いと需要<供給となり買主様は選択肢の幅は広いため、買主様がより有利な条件が良い戸建を購入しようとします。

そのため、競合の売出物件が多いエリアで戸建を売りに出す際は競合物件が多いのかをチェックしておきましょう。

「〇〇市 中古戸建」と調べればインターネットで競合となる戸建を見ることが出来るので参考にはなります。

売出価格が相場とかけ離れている

これが売れない原因で一番考えられることで住宅需要があるエリアで価格が適正であれば内装状態が悪い戸建でも売れていきます。

しかし、戸建の売出価格が相場とかけ離れている場合はなかなか売れません。

駅からもの凄く近かったり、競合物件が全くないようであれば強気で高値で売出をしても良いでしょう。

しかし、そうでもない場合は適正価格でないと売れないことの方が多いです。

3か月以上、お問い合わせや内覧が全くない状況であれば今、媒介依頼している不動産業者以外でも適正価格かを聞いてみるのも一つの手でしょう。

戸建を確実に売却するためにチェックするポイント

上記では戸建が売れない原因としては価格が高いこと、競合物件が多いことと紹介しました。

しかし、それ以外にも戸建が売れない細かい原因はあります。

そこで戸建をスムーズに売却するためにチェックするポイントを解説していきます。

現地にキーボックスがあるか?

現地にキーボックスがあると不動産仲介業者は内覧があった際に案内をしやすいです。

仲介の店舗で鍵を保管していると店舗まで取りにいかないといけなかったりと仲介業者の立場としてもめんどくさいと思ってしまいます。

もちろん、現地にキーボックスを設置すると勝手に仲介業者が内覧したり、鍵をなくして連絡がないというリスクも0ではありません。

しかし、内覧の数は増える可能性も高いのでお願いしている仲介業者が店舗で鍵を保管している場合は現地に鍵設置をお願いしてみるのも良いでしょう。

内装は比較的に綺麗な状態か?

戸建だと買主様が一番に見るのは内装です。

空家の場合は物を片付けて綺麗にすることは出来ますが、居住中の場合はそうはいきません。

決してお金をかけてリフォームしろという訳ではありませんが、生活感丸出しで物がごちゃごちゃしていたりすると内覧される方のイメージは良くないです。

最低限、物を綺麗にした状態で内覧をしてもらうようにしましょう。

建物が古すぎる場合は解体更地渡しにしているか?

建物がいわゆる古家の場合は現況渡しだと解体費用は買主負担になってしまうため、買主はためらいます。

解体更地渡しにしておけば、買主も余計な解体費用をかけずに済むため、購入する際の安心感が違います。

田舎の戸建は売れにくいため、買取という選択もアリ

今後、日本では空家が増えてきて売れる戸建と売れない戸建は2分化されていきます。

特に人口が減少して過疎化していくエリアは今以上に相場が上がって高く売れるということはまずないでしょう。

相場よりも安い金額で売りに出してもなかなか売れないということは十分に考えられることです。

そういった過疎化していくエリアで戸建をお持ちで、はやく売りたい方は不動産業者が直接購入する「買取」を選択しても良いでしょう。

買取は金額の折り合いがつけば、すぐにでも売却することが可能なため、なかなか売れないというストレスはありません。

デメリットとしては売却価格が相場の6~8割くらいになってしまうため、安くなってでもはやく売りたいのか、時間がかかってでも高く売りたいのか、どちらかを天秤にかけて売主様のメリットがある方を選択した方が良いです。

まとめ

以上、戸建が売れない原因やスムーズに売るためにチェックするポイントを紹介してきました。

今回の記事で覚えておいた方が良いポイントをまとめると以下となります。

・戸建が売れない大きな原因は競合物件が多いことと、価格が高い

・確実に戸建を売るために「現地にキーボックスがあるか?」「内装は綺麗か?」「建物が古すぎる場合は解体更地渡しにしているか?」をチェック

・田舎にある戸建は価格を下げても売りにくいため買取という選択もアリ

岡田ゆうき
岡田ゆうき
戸建がなかなか売れないのであれば一度買取をしてもらえる価格を知っておいても損はないでしょう!

当社ではどんな不動産の買取でも行っています。

特に他社がなかなか買取出来ない物件買取を強みにしています。

仲介業者様、一般のお客様はお気軽にご相談ください。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
私自身あまりガツガツした営業スタイルじゃないのでご安心を笑

⇒お問い合わせはこちらから