BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 基礎知識
  4. お金が早急に必要!土地や家等の不動産を素早く現金化する方法はある?

お金が早急に必要!土地や家等の不動産を素早く現金化する方法はある?

The following two tabs change content below.
アバター

岡田佑紀

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。
不動産で悩んでいる人
不動産で悩んでいる人
保有している不動産をすぐに現金化って出来るのかな。。。お金が早急に必要になった。。。

こういったお悩みを解決します。

生活費、借金返済、相続税の支払い、次の住まいの頭金、資産の分配等の様々な理由でお持ちの不動産をすぐにでも現金化したいと悩んでいる方は多いかと思います。

お持ちの不動産を売却すれば現金化することが出来ますが、買取か仲介によって現金化できるまでの時間が違います。

結論としては即現金化するなら買取、時間がかかってしまうのは仲介です。

そこで今回はお持ちの不動産を現金化する方法である買取と仲介についてご紹介してきます。

お持ちの不動産を現金化する仲介という選択

仲介による売却は平均期間としては3か月~1年くらいと言われています。

一般的に不動産を売却する際するには不動産業者に間にはいってもらう「仲介」を選択する方は多いです。

仲介を依頼された不動産業者が買主を見つけるためにインターネット等の広告を出し、多くの人に見てもらうように営業をしていきます。

買主の多くは個人になることが多く、買主のローンの審査が通り次第、契約をして引き渡しまでするという流れます。

仲介によるメリットは売主の希望の価格帯で売れる可能性が高いということです。

もちろん、相場からかけ離れた金額ではどんなに良い土地や家等でも売れないですが、相場からかけ離れていなければいつかは売れます。

そのため、時間をかけてでも高く売りたい方は仲介による売却を選択した方が良いです。

その一方で、仲介による売却はデメリットもあります。

それは下記3つとなります。

・市場に長期間残ってしまうリスク

・買主が個人のため、売却後に万が一トラブルがあったら、売主が責任を負わないといけない

・仲介業者に仲介手数料を支払わないといけない

1つ目に関してはいわゆる良い不動産と言われる駅近や人気の学区にある不動産であれば価格を落とせば、はやく売れる可能性は高いですが、癖があるような不動産であれば価格が相場よりも安くても売れずに残ってしまう可能性も高いです。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
癖がある不動産とは一般市場では売れにくい不動産です。訳ありの物件であったり、土地の地形が悪かったり、車が通りにくかったり不動産ですね。

駅から遠い場所や過疎化が進んできている地域では癖がなくても1年以上市場に残ってしまっている不動産も多くあります。

2つ目に関しては仲介での売却は個人が買主になることが多く、売主は契約不適合責任を負わなければいけません。

これは不動産を売却される際に契約時の内容で説明されていない瑕疵(欠陥)が発覚した場合、売主が責任を負うということです。

例えば、古い戸建を売却した後で買主が家の調査をしたら売主も知らない雨漏りがあったり、傾きがあって直すのに500万円かかる買主に言われたとします。

契約時には発覚していない内容でも、その修繕費用は売主で責任を負わないといけない可能性が高いです。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
売主が事前に瑕疵(欠陥)を知っていて契約時に説明していれば契約不適合とはなりません。

3つ目に関しては仲介業者に売却を依頼すると売却の成約時には仲介手数料を払わないといけません。

仲介手数料は物件価格×3%+6万円+税となります。

例えば2000万円のマンションを売却した場合は72.6万円の仲介手数料を仲介業者に支払う必要があります。

即現金化するなら不動産買取がオススメ

不動産買取では業者によって違いますが、はやい業者であれば即日~1週間で契約から決済まで完了することが可能です。

買取とは仲介のように間に入る業者はおらず、直接不動産業者が買主となることです。

不動産買取はどの不動産業者が行っているわけではなく、銀行から信用力がある資金力豊富な不動産業者が買取を行っています。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
買取は在庫を抱えるというリスクもあるため、大手不動産仲介業者はほとんどやっておりません。

買取の場合は直接不動産業者との交渉になるため、価格の折り合いがつけばすぐにでも購入から決済までしてくれる業者は多いです。

契約不適合の責任も無しにして購入してくれる買取業者が多いため、売却後の責任を問われません。

ただ、買取もデメリットもあり、それは相場価格の6~8割くらいになってしまうことです。

買取の場合は不動産業者が事業として購入するため、どうしても仲介よりも安くなってしまいます。

しかし、不動産を即現金化するのであれば交渉がはやい買取を選ぶと良いでしょう

まとめ

以上、土地や家等の不動産を素早く現金化する方法をご紹介してきました。

今回の記事で覚えておいた方が良いポイントをまとめると以下となります。

・お金を早急に現金化するのであれば買取がオススメ

・買取を行っている大手不動産業者は少ない

・買取は不動産を即現金化出来るが、仲介よりも価格が低くなる可能性が高い

・資金力豊富な不動産業者が買取を行っている

岡田ゆうき
岡田ゆうき
現金が必要になる時期に合わせて、仲介か買取かを選ぶようにしましょう!

当社ではどんな不動産の買取でも行っています。

特に他社がなかなか買取出来ない物件買取を強みにしています。

仲介業者様、一般のお客様はお気軽にご相談ください。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
私自身あまりガツガツした営業スタイルじゃないのでご安心を笑

⇒お問い合わせはこちらから