BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛知県
  4. 碧南市の土地や戸建を早く確実に売るなら買取がオススメ

碧南市の土地や戸建を早く確実に売るなら買取がオススメ

The following two tabs change content below.
アバター

岡田佑紀

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。
不動産で悩んでいる人
不動産で悩んでいる人
碧南市の土地や戸建を売却したいけど、はやめに売りたい。。。はやく売るためにはどうすればいいんだろう?

こういったお悩みを解決します。

どうも。西尾市生まれの岡田です。

碧南市は小学校~高校まで部活の試合で臨海体育館に行きました。

それはさておき、碧南市で土地や戸建を早く売りたくて不動産業者に依頼したけどなかなか売れない。。。早く売りたいけどどうすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は碧南市で土地や戸建をはやく、確実に売却する方法である「不動産買取」という方法をご紹介していこうと思います。

碧南市の土地や戸建を確実に売却する「不動産買取」とは?

不動産買取とは仲介業者を通さずに直接、売主様が土地や戸建を不動産業者に売却する方法となります。

買主が個人ではなく、不動産業者となります。

不動産業者のため、価格の折り合いがつけばすぐにでもお持ちの土地や戸建を売却することが可能です。

人口が少ない碧南市では不動産買取を積極的に行っている業者は少ないです。

理由としては買取は資金が必要であったり、在庫を抱えるリスクがあるためです。

特に人口が少ないエリアでは仕入れてもいつ売れるか分からないというリスクも大きいです。

常にリスクと隣り合わせの買取よりもリスクの全くない仲介業務をやった方が効率が良いと考える不動産業者も多いため、エリアによっては買取業者が全くいなかったりします。

そんな不動産買取ですが、メリットとしては以下となります。

・不動産業者が買主となるため、売却時にかかる仲介手数料は不要

・ローンが通らなくて契約が白紙になる心配性は不要

・契約不適合責任免責といって売却後に何かしらの瑕疵(土地であれば地中埋設物、戸建であれば雨漏り等)の問題が起きたとしても売主様は責任を取る必要がない

・近所の方に知られずに内緒で売却することが可能

・すぐに現金化が出来る(はやい会社だと即日)

相続等で取得してはやく処分してしまいたい、訳があってはやめに現金化をしてしまいたい、不動産で頭を悩ませたくないという売主様であれば仲介ではなく、買取を検討しても良いでしょう。

しかし、買取の最大のデメリットとしては売却価格が安くなってしまう可能性が高いです。

買取は一般市場で売れる金額の6~8割くらいになってしまうことが多いです。

一般市場での売却価格よりも安くなってしまう理由としては不動産買取業者の多くは、物件価値を高めて買取した物件のリフォームを行って再販売したり、建物を建てたり、解体を行って土地を分譲して販売を行います。

高い金額で不動産を仕入れていても利益を出すことが出来ないため、どうしても買取金額は安くなってしまいがちです。

そのため、時間をかけてでも少しでも高く売りたい方は仲介での売却、はやく確実に売却をしたいのであれば買取をオススメします。

買取は土地や戸建の売却後のトラブルの心配が不要

仲介業者に依頼をして土地や中古戸建を売却した際によくあるトラブルとしては土地から地中埋設物が出た、戸建から白蟻、雨漏りが起きた、配管が故障した等という点です。

一般市場での売却の場合は買主が一般の方であれば契約不適合責任を物件の引き渡しの3か月間と決めることが一般的に多いです。

契約不適合責任とは引渡をした物件が契約書の内容と違った際は売主が責任を負う必要があるという民法となります。

そのため、物件の引き渡し後、3か月以内に何かしらの物件のトラブルが起きた場合は売主が責任を取る必要があります。

しかし、買主様が不動産業者の場合は契約不適合免責で買取してくれる業者がほとんどのため、売却後にトラブルに発展するという可能性はまずないです。

売却後に買主様とのトラブルは避けたいという売主様であれば買取を検討しても良いでしょう。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
ボロボロの戸建は契約不適合免責にしてほしいという売主様が多いため、一般市場では買主様には嫌がられる傾向があります。

碧南市の買取向きの土地とは?

碧南市で買取向きの土地は癖のあるような以下の土地となります。

・延長敷地(路地状敷地)
・狭小地
・広大地
・間口が狭い土地
・前面道路が狭い土地
・変形地
・市街化調整区域

癖のある土地はエリアが良くてもかなり価格が安くなってしまう可能性が高いです。

土地の供給が少ないエリアでは癖のある土地が安ければ売れていきますが、碧南は土地自体は余っている状況のため、癖のある土地は余計に売れにくいです。

価格が安くても全く買主様が現れないということも考えられます。

そのため、癖のある土地を保有しており、はやめに売却したいのであれば買取を検討しても良いでしょう。

碧南市で買取向きの戸建は?

碧南市で買取向きの戸建は以下となります。

・ボロボロになっている中古戸建
・接道が取れてなく、再建築が出来ない戸建
・訳有の中古戸建
・道路が狭い中古戸建

この中でも特に売れにくいのは1981年以前に建てられた木造の建物です。

1981年以前に建てられた建物はローンが非常につきづらく、売りにくいという特徴があります。

土地として売却した方が売れる可能性は高いですが、解体するにも大きな建物だと100万以上かかることもあって解体費用を捻出出来ずに現況の状態で売りたいという売主様も多いです。

現況の状態ではやく売ってしまいたいのであれば買取を選択した方が良いでしょう。

碧南市の土地や戸建の人気エリア

碧南市で土地や戸建を購入する方は地元の方が多いです。

どのエリアでも地価はここ数年で横ばい状態が続いており、今後も大きく上がることはまずないと言っても良いでしょう。

碧南市の人口は2010年をピークに減少しており、今後も売れる不動産と売れない不動産の2極化が進んでいきます。

特に海側に面している土地は津波等を警戒して買手はかなり限られてくると考えられます。

その中でも駅近にある土地や戸建は資産性もあるため、今後はそこまで大きな値下がりはしないでしょう。

碧南市で特に人気のエリアは下記となります。

・栄町
・向陽町
・末広町
・荒子町
・新川町
・宮後町
・東山町
・中山町

この辺りの土地は住宅地として人気が高く、比較的に高値で取引されている傾向があります。

碧南市にある主要駅の土地単価TOP4

こちらでは碧南市の人気エリアとは別に碧南市にある主要駅の土地単価TOP4をご紹介してきます。

この表は実際に売れる金額ではなく、あくまでも国土交通省が出している公示地価のため、指標の一つとして参考にしてください。

駅からの距離、土地の地形、前面道路の幅員、土地の面積で土地の価値は大きく変わってきます。

1位 碧南中央 28.1万円/坪
2位 新川町 24.7万円/坪
3位 北新川 24.1万円/坪
4位 碧南駅 19.8万円/坪

参照:土地代データ

駅から徒歩15分圏内の場所であれば住宅地として人気があります。

しかし、あまりにも駅から遠くなると価格はかなり安くなります。

碧南市は車社会ですが、買主様は資産性という点も土地や戸建を購入する際に見る方が増えているため、いわゆる駅から遠い資産性が低い物件を購入する人は減っています。

下記は碧南市の地価推移グラフとなります。(m²換算)

引用:土地代データ

このグラフから碧南市の土地は2004年頃からほぼ横ばいで推移しております。

その中でも高値で取引される土地は以下のような傾向があります。

・角地
・駅から徒歩10分以内
・整形地
・住宅地として形成されている
・交通量が少なく、周辺環境が良い
・前面道路幅員が大きい
・南向き

まとめ

以上、碧南市で土地を戸建をはやく、確実に売却する方法である「不動産買取」という方法をご紹介してきました。

今回の記事で覚えておいた方が良いポイントをまとめると以下となります。

・碧南市で土地や戸建をはやく売却するなら買取がオススメ

・買取は価格が相場よりも下がるが、確実に売却することが可能

・碧南市の土地相場は横ばい状態が続いている

・碧南市は駅から遠い土地や戸建は人気がない

岡田ゆうき
岡田ゆうき
少しでも高く売りたいのであれば仲介による売却、早く確実に売るのであれば買取をオススメします!

当社ではどんな不動産の買取でも行っています。

特に他社がなかなか買取出来ない物件買取を強みにしています。

仲介業者様、一般のお客様はお気軽にご相談ください。

岡田ゆうき
岡田ゆうき
私自身あまりガツガツした営業スタイルじゃないのでご安心を笑

⇒お問い合わせはこちらから