BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛知県
  4. 名古屋市南区の買取向きの土地

名古屋市南区の買取向きの土地

The following two tabs change content below.

岡田

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。

名古屋市南区の買取向きの土地とは?

名古屋市南区で買取向きの土地は癖のあるような以下の土地となります。

・延長敷地(路地状敷地)
・狭小地
・広大地
・間口が狭い土地
・前面道路が狭い土地
・変形地
・高低差がある土地

価格が安くても1年以上売れないことも多く見受けられます。

名古屋市南区の人気エリア

名古屋市南区で特に人気のエリアは下記となります。

・寺崎町
・外山
・鳥栖
・扇田町
・菊住
・呼続
・薬師通
・柵下町
・中江
・明円町

この辺りの土地は人気が高く、比較的に高値で取引されている傾向があります。

名古屋市南区にある主要駅の土地単価TOP12

こちらでは名古屋市南区の人気エリアとは別に名古屋市南区主要駅の土地単価TOP12をご紹介してきます。

この表は実際に売れる金額ではなく、あくまでも国土交通省が出している公示地価のため、指標の一つとして参考にしてください。

駅からの距離、土地の地形、土地の向き、前面道路の幅員、土地の面積で土地の価値は大きく変わってきます。

1位 新瑞橋 80.6万円/坪
2位 桜本町 53.8万円/坪
3位 呼続 53.0万円/坪
4位 鶴里 52.6万円/坪
5位 本笠寺 47.6万円/坪
6位 豊田本町 43.5万円/坪
7位 笠寺 38.5万円坪
8位 道徳 37.9万円/坪
9位 大江 37.1万円/坪
10位 本星崎 34.5万円/坪
11位 大同町 33.7万円/坪
12位 柴田 33.3万円/坪

参照:土地代データ

南区はエリアによっては津波災害警戒区域に入っていたり、治安の面で心配する方も多く、市内の中ではあまり人気がない区となります。

桜通線の鶴里、桜本町、新瑞橋近郊の土地は人気ですが、それ以外はどうしても見劣りしてしまいます。

下記は名古屋市南区の地価推移グラフとなります。(m²換算)

引用:土地代データ

南区の土地は全体で見るとこの数年はほぼ横ばい状態が続いております。

南区はエリアによっては売れていない土地や戸建も多いです。

津波災害警戒区域にある土地や戸建は今後もますます売れ残ってくると考えます。

その中でも特に高値で取引されやすい土地は下記となります。

・角地
・駅から徒歩10分以内
・整形地
・住宅地として形成されている
・交通量が少なく、周辺環境が良い
・前面道路幅員が大きい
・南向き

当社ではどんな物件でも買取可能なのでお気軽にご相談ください。机上査定であれば即日~1日で可能です!

⇒お問い合わせはこちらから