BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛知県
  4. 名古屋市緑区の買取向きの土地

名古屋市緑区の買取向きの土地

The following two tabs change content below.

岡田

愛知県西尾市出身、名古屋市在住。 大学卒業後、ネット広告代理店を経て不動産業界に転身。 主な資格は宅地建物取引士、2級FP。買取業者として年間500~600件は物件査定をしています。

名古屋市緑区の買取向きの土地とは?

名古屋市緑区で買取向きの土地は癖のあるような以下の土地となります。

・延長敷地(路地状敷地)
・狭小地
・広大地
・間口が狭い土地
・前面道路が狭い土地
・変形地
・市街化調整区域
・高低差がある土地

価格が安くても1年以上売れないことも多く見受けられます。

そのため、癖のある土地を保有しており、はやめに売却したいのであれば買取を検討しても良いでしょう。

名古屋市緑区の人気エリア

名古屋市緑区で特に人気のエリアは下記となります。

・鶴が沢
・黒沢台
・南大高
・神沢
・ほら貝
・上旭
・乗鞍
・桃山
・熊の前
・神の倉
・桃山

この辺りの土地は人気が高く、比較的に高値で取引されている傾向があります。

名古屋市緑区にある主要駅の土地単価TOP12

こちらでは名古屋市緑区の人気エリアとは別に名古屋市緑区主要駅の土地単価TOP12をご紹介してきます。

この表は実際に売れる金額ではなく、あくまでも国土交通省が出している公示地価のため、指標の一つとして参考にしてください。

駅からの距離、土地の地形、土地の向き、前面道路の幅員、土地の面積で土地の価値は大きく変わってきます。

1位 神沢 53万円/坪
2位 徳重 52.3万円/坪
3位 相生山 52.2万円/坪
4位 鳴子北 49.5万円/坪
5位 野並 49.2万円/坪
6位 南大高 48.2万円/坪
7位 有松 47.4万円/坪
8位 左京山 46.7万円/坪
9位 鳴海 45.4万円/坪
10位 共和 41.0万円/坪
11位 中京競馬場前 39.5万円/坪
12位 大高 39.4万円/坪

参照:土地代データ

緑区は名古屋の中で人口増加が著しい区となります。

この10年で一気にマンションや住宅街が開発されてファミリー層に人気のエリアとなります。

今後も人口は増えていくため、住宅地の需要として底堅いです。

下記は名古屋市緑区の地価推移グラフとなります。(m²換算)

引用:土地代データ

このグラフから緑区の地価は上昇している傾向があります。

ファミリー層に人気が高く、移住いてくる方も多いため今後も需要が続くでしょう。

緑区の中でも比較的に高値で取引されている土地や戸建は下記となります。

・角地
・駅から徒歩10分以内
・整形地
・住宅地として形成されている
・交通量が少なく、周辺環境が良い
・前面道路幅員が大きい
・南向き

当社ではどんな物件でも買取可能なのでお気軽にご相談ください。机上査定であれば即日~1日で可能です!

⇒お問い合わせはこちらから