訳有物件詳細

どんな訳有物件でもお気軽にご相談ください。

  1. HOME
  2. 訳有物件一覧
  3. 借地権・底地の詳細

借地権・底地

借地権・底地の詳細

底地とは?

底地とは借地権が設定されている土地のことです。

分かりやすくご説明すると賃料をもらって他人に貸している土地のことです。

土地を借りている権利を借地権で借りている人を借地人ともいいます。

借地人は借地権を勝手に売買することが出来ないため、土地の所有者である地主の承諾が必要となります。

土地と建物の所有者が別々であるため、売却する際にどうするのかで揉めることがあります。

底地でよくあるトラブル

底地はその土地の上に立っている建物と所有者が違うため、様々なトラブルが出てくる可能性があります。

そこで底地でよくあるトラブルは以下となります。

・地代や更新料に関するトラブル
⇒昔から地代を低めに設定しており、地代をあげたいが借地人に言いにくいというのは多いです。
地代をあげように借地人に交渉しても合意がなければ地代をあげられないケースが多いです。

・賃貸借契約書がない
⇒大昔から土地を借地人に貸している場合は口頭だけで賃貸借契約書を結んでいない場合が多いです。このような場合、底地を売却しようにも借地人の同意を得られずに難しいケースも多いです。
また、契約書がないと借地人に勝手に増改築や建替をされてしまうリスクもあります。

・借地権に相続があったが連絡がつかない
⇒借地権に相続があって遠方に住んでいる方が相続するというケースも多いです。
会ったこともない方が相続人となってしまうと交渉したいが出来ないというケースもあります。
借地権の相続人が複数いる場合は地代等でもめやすいです。

底地の売却について

底地の売却は一般のお客様が購入することはまずありません。

理由としては底地は様々な制限があり、権利関係も複雑という点で需要は限られてきてしまいます。

底地の売却先としては借地人か専門の買取業者しか方法はないでしょう。

借地人に底地を購入してもらうのが一番良いですが、底地は銀行からの担保評価も低く、ローンを組むのが難しい土地となります。

そのため、借地人が納得する価格でないと売却は難しいため、交渉が難化するケースは非常に多いです。

底地の評価は一般的に更地(建物がない状態の土地)の10~15%くらいの評価となります。

例えば更地で3000万つく土地であれば300~450万くらいの評価となってしまいます。

底地は業者買取がオススメ

実際に借地人もお金の問題から底地の購入が難しいケースは多いです。

底地の金額にもよりますが、借地人がこれまで同様に地代を払った方が良いと感じれば購入はしません。

借地人に売却出来ない場合は底地を買取してくれる不動産業者にお願いするしかないでしょう。

しかし、底地は権利関係が複雑で買取してくれない不動産業者も多いので専門の業者に依頼するようにしましょう。

底地の買取は訳有物件のミカタのお任せ

訳有物件のミカタでは、名古屋市を中心に愛知、三重、岐阜の底地、借地権を直接買取致します。

「借地人や地主とトラブルになりたくないから売ってしまいたい。。。」
「他社には売却出来ないと断られた。。。」
「はやめに底地や借地権を売ってしまいたい。。。」

底地、借地権の売却でこのようなお悩みをお持ち方はお気軽にご相談ください。

当社では売主様が不動産の売却後にトラブルの責任は追及しません。

通常、一般的な不動産売却の場合は引渡し後1~3ヶ月間は売主様は責任を負う必要があります。

しかし、当社は不動産買取のプロのため、当社が責任を負った上で購入をさせていただきます。

また、当社が直接買主となるため、通常の売却時に支払わないといけない仲介手数料は不要です。

当社が買取を得意としているのは訳あり物件のため、周囲に知られたくない内容も多いと思います。

そのため、お客様の個人情報に関しては秘密厳守で扱いますのでご安心ください。