訳有物件詳細

どんな訳有物件でもお気軽にご相談ください。

  1. HOME
  2. 訳有物件一覧
  3. 立退物件の詳細

立退物件

立退物件の詳細

立ち退き物件とは?

立ち退き物件とは空室率が高いが、古くから住んでいる人もいるため、追い出しづらいという状況にあるような物件です。

老朽化したアパート、一棟マンション、借家等が該当してきます。

建物を修繕しようにも多額の金額がかかってくるため、ボロボロになってしまっている物件は多く見られます。

賃借人を退去をさせて建物を解体にし、更地にしたいと思っているオーナー様も多いですが、賃借人がいることでどうすれば悩んでいるオーナー様は多いです。

立ち退きについて

古くから住んでいるアパート、マンション等の賃借人の立ち退きは容易ではありません。

立ち退きをさせる場合は正当な理由があれば6か月前にオーナー様から賃借人への書面での通知により、法律上では解約可能となっております。

しかし、近年ではオーナー様よりも賃借人の方が法律で守られているということもあり、契約違反や家賃の滞納がない限り、オーナー様都合で退去させるのはかなり難しくなっています。

また、退去させるには法律的な絡みも出てきやすいため、専門知識がない方が立ち退きをさせようとすると賃借人ともトラブルにもなりかねないです。

アパートやマンションが老朽化して建て替えや取り壊しもしたいにも関わらず、なかなか賃借人の同意を得られずに困っているオーナー様は多いです。

立ち退き物件でよくある悩み・トラブル

・賃借人の一人が絶対退去したくないと言って、何も出来ない
・賃貸借契約書がないため、どうすれば良いのか分からない
・賃借人と親交が深いため、退去のことは言いづらい
・老朽化したアパートやマンションを相続したが、どうしたら良いのか分からない
・はやく売却して現金化させたいが、現況のままで売れるのか心配
・売却後に老朽化した建物にトラブルが起きないか心配

立ち退き物件ではこのような悩み・トラブルは多いかと思います。

立ち退き物件の売却について

立ち退き物件に関しては結論、一般市場での売却は困難といっても良いでしょう。

理由としては2つあります。
①立ち退きをする必要性がある
②古いアパートやマンションは銀行の融資が通りづらい

立ち退きは専門知識がないと難しく、一般の方は避けます。

また、古いアパートやマンションでは建物価値がほとんど0円と見なされてしまうため、銀行も融資したがりません。

そのため、立ち退きの専門知識があり、かつ現金で購入できる不動産業者に売却するのが良いでしょう。

立ち退き物件は通常の売却ではなく、買取向き

上記のように立ち退き物件は立ち退き物件の買取実績がある不動産買取業者に直接売却することをオススメです。

オーナー様のよくある心配事として「売却した後に古い建物が壊れてしまったり、トラブルが起きたらどうしよう。。。」と心配になるかと思います。

多くの不動産買取業者はそのような責任を負った上で購入をすることが多いです。

立ち退き物件の売却は訳有物件のミカタにお任せ

訳有物件のミカタでは、名古屋市を中心に愛知、三重、岐阜の立ち退き物件を直接買取致します。

「入居者とトラブルを起こしたくない。。。」
「立ち退きは出来ないから、現況のまま売りたい」
「建物はボロボロだけど、入居者がまだいて困っている。。。」

立ち退き物件の売却でこのようなお悩みをお持ち方はお気軽にご相談ください。

当社では売主様が事故物件を売却後のトラブルの責任は追及しません。

当社は不動産買取のプロのため、当社が責任を負った上で購入させていただきます。

通常、一般的な不動産売却の場合は引渡し後1~3ヶ月間は売主様が責任を負う必要があります。

しかし、当社は不動産買取のプロのため、当社が責任を負った上で購入させていただきます。

また、当社が直接買主となるため、通常の売却時に支払わないといけない仲介手数料は不要です。

当社が買取を得意としているのは訳あり物件のため、周囲に知られたくない内容も多いと思います。

そのため、お客様の個人情報に関しては秘密厳守で扱いますのでご安心ください。